So-net無料ブログ作成
検索選択

旅のはじまり [チャリダー時代]

今までたくさんの旅人に出会って来たけど、それぞれに色々な事を抱えて、

旅をしている人が多かったな・・・。

 

そういう私も、24歳の夏、たくさんの想いを抱えて、家を飛び出した一人ですが・・・。

 

それまでは、普通に会社員として働いていたこころんなのですが、

色んな試練があって、苦しくて、だんだんと人が信じられなくなってしまって・・・。

 

そんな自分がイヤでイヤで、どうしていいのかわからなくなりました。

わたしは、とってもおしゃべりで、人と出会うことが大好きなんです。

たくさんの人と繋がっていく事が、喜びでもありました。

そんな私が、人の目を見て話すことが出来なくなっちゃったんです・・・。

誰にも内緒で心療内科に通った事もありました。

 

悩んで悩んで、悩んだ末に、「あぁ・・・、一人で旅に出よう・・・。」と思いました。

旅をして、たくさんの人と出会う中で、元の「人間大好き!」な自分を

取り戻していきたいっていう思いがありました。

 

当時、自転車で自然の中をサイクリングすることが楽しみで、休みの日には、

一人で、よく遠出をしていました。

自然の中にいると、深く呼吸が出来て、心も体も癒されるようでした。

そんな訳で、自転車が私の旅の手段となりました。

 

よく通っていた自転車屋のおじさんや、仲良しの友達には、チャリで北海道を回りたいって

いう話をすると、ほぼ全員に「無理、無理」と言われていました。

 

その中で、たった一人、「行っておいでよ。きっと大丈夫!」と言ってくれた人が

いたんです。わたしの大好きな先輩でした。

その女性は、一人でインドを旅したり、海外を放浪した事がある人なんです。

 その言葉に、本当に励まされました。わたしの弟も応援してくれた一人でした。

 

そして、いよいよ、様々な想いを抱え、昭和63年8月25日(木)の朝5時40分に

自転車の旅は、スタートしたのでした~!

 

昭和63年ですよ!平成になるちょっと前ですよね~!

なんだか、とてつもなく昔の話みたい?

当時は、24歳。

今は、46歳になっちゃたんだもんねぇ~。

 

旅の一日目、札幌→浦臼 77km

羅臼鶴沼公園内キャンプ場 バンガロー泊り

これから始まる旅に対する期待と不安で、いっぱいいっぱいだった・・・。

それに、夜からはどしゃぶりにカミナリで、結局、さっぱり眠れなかったって

日記には書いてありました。

ここから、留萌に向かい海岸線に出て、まっすぐに稚内を目指して

ひた走っていく訳です。

 

わたしの旅のはじまりです。

 


nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 1

naonao

自転車で旅行もいいね♪
でも自転車の修理の仕方をわかってないとダメだろうね。
by naonao (2011-01-04 22:14) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。