So-net無料ブログ作成
ひとりごと ブログトップ
前の10件 | -

あけましておめでとうございますぅ! [ひとりごと]

2012年が始まって、もう十日もたってしまいました。

ひとつ前の記事を見てみると、「あらっ?」 同じタイトル[exclamation×2]

あらあら、前に記事を書いてから一年も経ってしまったのね~[がく~(落胆した顔)]

反省・・・[ふらふら]

 

ところで、昨年は、いろいろな事があった年でしたね・・・。

 

私自身も、東日本大震災の起こる前日に高熱を出してしまい、

その時から腎臓の具合が悪くなってしまいました。

この時の検査で、右の腎臓の中にのう胞が見つかり、その中に

石灰化した塊があって、そのために感染症になりやすく、何度も

何度も9度近い熱が出て、本当に大変でした・・・[もうやだ~(悲しい顔)]

 

のう胞自体は、珍しくないそうです。

腎臓に限らず、あちこちに出来るみたいですね。

のう胞があっても、本人も知らずに一生を終える方もいるそうです。

石灰化の塊があるのもそんなに珍しいものではないようです。ただ、

何度も熱を繰り返すことが相当珍しいみたい。

 

何回もCTを撮って検査した結果、のう胞の中に膿がたまる腎膿瘍

ではないかという事で、のう胞の中に溜まっている膿を抜く穿刺手術

というのを受けました。なんと150CC以上の膿を抜いたそうです。

術後、右半身がすごく楽になった感じがしました。 

 

その後は熱を出すこともなくなって、なんとか元気に過ごしている

今日この頃です。

 

年を取ると、いろいろありますね~[バッド(下向き矢印)]

でも、めげずに、頑張るのだ [手(グー)]

病気のせいで、すっかり筋肉も落ちてしまったので、

今年は、筋トレに励むぞぉ~[exclamation]

そんな訳で、ちょっと弱ってしまった、こころんですが、

 

今年もよろしくお願いいたします。 [手(チョキ)]


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

旅の記事を書いていこっかな ^^ [ひとりごと]

この間、久し振りに太陽が出てボカボカと気持よかったので、

押し入れを全開にして、整理してる途中で、ダンボールにどっさり入ってる

旅日記が出てきた。

「懐かしいィ~!」

 

何年も旅をして、ものすごく色んな体験をしたのに、どんどん忘れていっちゃうんだね。

写真を見ても、思い出せない場所もある・・・。

 

なんのための体験だったんだろう・・・。

今の私の人生になんか影響をしているんだろうか・・・。

思わず、考え込んでしまったこころんでした。

 

それなら、少しずつ日記をひもといて、ブログにアップしていこうかな・・・。

 

もう随分と昔の話になってしまうけど、自分の人生を振り返ってみながら、

今の私が感じたことなんかを、書いてみよう。

ブログのタイトルも「人生うろうろ」だしね、私のウロウロしてきた人生を一緒に振り返って

下さいね。

 

私の旅の始まりは、24歳の夏・・・。

 

続きは、次回に ^^

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

脳トレ、脳トレ! [ひとりごと]

今年の5月から、事務員の仕事をしている、こころんです。

実は、事務の仕事はまったくの始めてなのだ [ふらふら]

 

若い頃は、主にワープロの入力やインストラクタの仕事をしてたし、

それからは、旅をしながら各地で様々なアルバイト。

 

建築現場で、ドカチンだってやったし、石垣島の造船所では、船の底に

防水加工を施すバイトもやったことあります。イエ~イ [手(チョキ)]

 

バイト評論家が出来るんじゃないかって思うくらい、相当色々なバイトをやって

きましたが、一番キツかったのは、沖縄の食肉工場での仕事です。

豚肉の塊をミンチにするとか、塊を薄切りにするとかは、まだ大丈夫だったけど、

その私の目の前に、ドッカ~ンと茹で上げられた牛タン、そう、牛の50cm程もある

舌ベロが、リアルな形のままで置かれた時には、思わず「オエ~ッ、オエ~ッ」って・・・。

なみだ目で、リアルベロをスライサーに・・・。

私の人生の中で、始めて一日で辞めた仕事でした・・・。

 

それから牛タンを見ると、その時の光景が生々しく思いだされ、

全く、食べられなくなった、こころんなのです。

 

         牛の舌.jpg ベロ~ン・・・。あっ、また思いだしちゃった [あせあせ(飛び散る汗)]

 

そして今は、人生初の事務のお仕事をやってる訳です。

この、食肉工場を思うとだいぶ楽そうでしょ?

ところが、私の上司は、超短気な下町生まれのべらんめぃ口調のおばさん所長です。

かなり手ごわい相手です。重箱のスミをつついてくる感じですね~!

 

年と共に物覚えもすっかり悪くなっちゃって、所長に教えてもらいながら、

一生懸命メモを取って聴いていますが、翌日になったら、さっぱり憶えてない・・・。

メモを見てやっと思い出す始末・・・。

こんな調子だから、べらんめぃ所長に、毎日しぼられています。

 

いつまでも、言われっぱなしでは、悔しいから、脳トレに励んで、

仕事をバッリチこなせる様にがんばるのだ!

 

前に新聞で、[バッド(下向き矢印)] この本がものすごく売れてるって紹介されてるのを見て、

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

  • 作者: 岩崎 夏海
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2009/12/04
  • メディア: 単行本
 
ドラッガーに興味が湧いて、一冊買って読んでみました。
 
それまでは、ドラッガーなんて全く知りませんでした・・・。

 

プロフェッショナルの原点

プロフェッショナルの原点

  • 作者: P.F.ドラッカー
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2008/02/16
  • メディア: 単行本

 

まだ、全部は読んでないんだけど、一つ一つの言葉に、「へぇ~!」「ほぉ~!」

「そうかぁ~!」と目からうろこが落ちる思いで読んでます。

仕事に対する思い方、考え方が変わってきますよね。

これからは、こういう気持で仕事に取り組んでいきたいってマジ思いました。

自分の心の受け止め方によって、現実は変わっていくものですもね~。

 よぉ~し、がんばるぞぉ~[exclamation]

 

パソコンもこなす、62歳のべらんめぇ所長に、負けてはいられません [パンチ]


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

さよなら・・・、キヨシロー・・・。 [ひとりごと]

高校時代、RCサクセションが大好きだった。[るんるん]

当時高校生だった私の一ヶ月のおこづかいは、2500円で、
コンサートなんて全く行けなかった。[たらーっ(汗)]

札幌でコンサートが開催されるって聞いた時は、大興奮[exclamation×2]
チケットは買えなかったけど、友達と二人でコンサート会場に
駆けつけて、外で、もれ聞こえる音を必死に聞いてたっけ。

コンサート終了後、裏口で待ち伏せ。
ゴンタ2号、チャボそしてキヨシローが出てきたときには、
友人と無我夢中で追いかけたよぉ~^^

当時は、警備の人なんていたのかなぁ~。
全然厳しくなかった。
私達の他にもたくさんの子達がゾロゾロと後ろをついて
歩いてたんだよ。

気がつくと、私は、ゴンタ2号の隣を歩いてた?!
隣って言うか、少し追い越しかけてたし・・・[たらーっ(汗)]

すぐ前には、キヨシローの背中が見えて、手を伸ばせば、
届きそうで、心臓がドッキドキだったのを憶えてる。

しばらく、付いていったら、とあるお店にみんな入っていって
しまった。


お店は、「千春亭」。


「え~っ、キヨシロー達、松山千春のお店に入った~[バッド(下向き矢印)]

なんとなく、ショックだったのを覚えてる。[たらーっ(汗)]

とっても懐かしい思い出。

今日、押入れの奥から引っ張り出して、何十年か振りに
RCのベスト版、そして、タイマーズ(カセット)を聞いた。

カセットだから、すごく音は悪かったけど、

いろ~んな事を思い出して、

涙が出そうになっちゃった・・・。



BEST OF THE RC SUCCESSION1970~1980

BEST OF THE RC SUCCESSION1970~1980

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 1990/11/14
  • メディア: CD

1. 宝くじは買わない 2. イエスタデイをうたって 3. 2時間35分
4. ぼくの好きな先生 5. シュー 6. メッセージ 7. ねむい
8. けむり 9. 大きな春子ちゃん 10. ヒッピーに捧ぐ
11. スローバラード 12. わかってもらえるさ
13. よごれた顔でこんにちは 14. 雨あがりの夜空に
15. 君が僕を知っている 16. キモちE 17. エンジェル
18. ブン・ブン・ブン 19. トランジスタ・ラジオ
20. スウィート・ソウル・ミュージック


ザ・タイマーズ

ザ・タイマーズ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2006/01/25
  • メディア: CD

どの曲も、大好き!

9日、青山葬儀所に行きたいなぁ・・・。
でも、すごい人だろうし、ゆうちゃん連れでは、難しいなぁ・・・。

さみしいけど・・・、

さよなら、キヨシロー。ありがとう。


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

DENDROPIA 「田部井月四 展」 [ひとりごと]

すっかり月一ペースのアップになってしまっている、こころんです・・・。

今日は、こころんの知り合いの方の絵画展をちょっとご紹介しちゃおうかなぁ~っと思ってます。
自分の人生に、絵かきさんの知り合いが出来るなんて、ちょっとビックリでしたが・・・。^^

家族ぐるみのお付き合いをして頂いているんですが、とってもとっても大好きなファミリーです。
ゆうちゃんも「たべちゃん、たべちゃん」となついております。[黒ハート]

今回のタイトルの「DENDROPIA」(デンドロピア)だけど、聞いた事ない言葉だよね~。
そりゃそうなんです。

だって、この夫妻が作られた言葉なんですから。^^

夫妻とも、大変な病を経験されているんです。
奥さんの方が病に倒れられたとき、私も身近にいたので、その時の事はよく覚えています。
他の方から聞いた病状は、かなり重いもので、もう、神様に祈る位しか自分にはできなかったです。
こんなにも人の為に祈った事は、初めてでした。

私にとって、この出来事は強烈な印象を残しています。

この時に「人間ってすごい」って思いました。
人の中に眠る、人間の力というか、エネルギーというか、
「生きよう」とするエネルギー、「生きて欲しい」と願うエネルギー・・・。
目には見えない、ものすごいエネルギーが確かにあると思いました。

夫妻の、様々な試練を受けながらも、決して諦めずに、自分達の果たしたかった願いに向き合う姿に、
私たち夫婦も本当に勇気を頂きました。

そんなステキな夫妻の個展のお知らせです。

実は、12日から始まっていて、明日が最終日です。
お知らせが遅くなってしまい、すみませ~ん・・・。[もうやだ~(悲しい顔)]

東京都中央区京橋3-5-3 京栄ビル2F
    アートスペース「羅針盤」

「田部井 月四(たべい つきよ) 展」 - 生命の発生、光と共に -


もし、この夫妻に興味をもたれましたら、どうぞ、ホームページものぞいて見てくださいね。[るんるん]
会場の詳しい案内図、絵のギャラリーもアップされています。

「DENDROPIA」 >> http://dendropia.com/index.html


わたしも、少しはアートな世界に触れておこうと、明日の最終日にゆうちゃんと一緒に見に行こうと思ってます。[手(チョキ)]

これで、ゆうちゃんが芸術家への道を歩みだす、きっかけになったりとか・・・?

おっと、親ばかでした・・・。[たらーっ(汗)]

nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

【神の手】現る・・・。 [ひとりごと]

友人から送られてきた一枚の驚きの写真・・・。

神の手.jpg


写真と共にこんなメッセージが・・・。

「沖縄で何年かに一度現れる【神の手】という雲だそうです。友達から届きました。幸せになって欲しい人に送ると、受け取った人は幸せになり、願いが叶うそうです。送る相手が多いのは良いことだそうです。」

私は、沖縄に3~4年間住んでいたけど、【神の手】に出会うことはなかったな・・・。

この写真、一瞬合成かなんかかと思ったけど、本当に本物だそうです。

みなさん幸せになって下さいね。
そして、みなさんの願いが叶いますように・・・。



この素晴らしい写真と共にもう一枚、写メールが届きました。
タイトルは、【悲しい時にどうぞ】です。

ここからは、ゆっくりと下にスクロールしていって下さい。





caqp5svkadA.jpg




nice!(5)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

チベット スピリチュアル フェスティバル 2007 [ひとりごと]

今朝、新聞を読んでいたら、こんな記事をみつけた。

          

北インドのダラムサラのナムギャル寺から、10名のチベット僧が来日して、仮面舞踏、砂曼荼羅、灌頂、護摩、瞑想セッションが行われるらしい。

入場は無料だし、是非行って、チベットを体感してみよう!

ダラムサラは何度も行った場所。
チベタンと共にすごした日々が懐かしい。

チベタンアートは本当に素晴らしいと思う。
砂曼荼羅も、たくさんの色砂で作られるんだけど、それは見事の一言だ。

                     砂曼荼羅砂で作られているなんて思えないよね!


それが、この日本で見ることが出来るなんて、すご~い!!

境内にはチベットカフェもあって、バター茶も飲めるらしい。バター茶は独特の風味があって私は大好きだったけど、あまり飲みすぎると、お腹がユルユルになってしまうのでご注意を!



久しぶりにヒマラヤの風を感じてみたい!!

 


nice!(5)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

おりがみって楽しい! [ひとりごと]

ゆうちゃんが折り紙に興味を持ちはじめた3歳頃から、わたしも色々な折り紙に挑戦するようになった。

ものすごく久しぶりにやってみた折り紙。

やっこさん、はかま、そして定番の折りヅル・・・

昔は、色々と知っていたはずなのに、意外と覚えていないものだ・・・。

最初は、うまく折れなかったゆうちゃんだけど、だんだんと上手に折れるようになってきたので、せっかくだから、折り紙の本を買ってみた。


いちばんやさしいおりがみ

いちばんやさしいおりがみ

  • 作者: 折り紙研究グループ
  • 出版社/メーカー: ナツメ社
  • 発売日: 1985/09
  • メディア: 単行本


<いちばんやさしい>っていったって、なかなか難しい・・・。

いろんな動物やら昆虫やらの折り方がのっていたけど、ゆうちゃんパパも巻き込み、みんなで夢中になって折ったのが、

手裏剣・・・

          

当時、ゆうちゃんパパは、会社から帰ってくると、ゆうちゃん相手におしゃべりしながら、夢中になって、手裏剣を折っていた・・・

おじさんの子供返りってトコかしら・・・

だけど、二色を組み合わせて作るので、とても綺麗だし、案外楽しい

もんのすごい数を折ったので、置き場に困り、当時は、10個位ずつ糸に
通して、部屋の入り口にぶら下げて、のれんの様にしていた。

 
ところで、おりがみの本って、すご~く沢山あるんだね。

はじめての多面体おりがみ―考える頭をつくろう!

はじめての多面体おりがみ―考える頭をつくろう!

  • 作者: 川村 みゆき
  • 出版社/メーカー: 日本ヴォーグ社
  • 発売日: 2001/07
  • メディア: 単行本

折り紙夢WORLD 花と動物編

折り紙夢WORLD 花と動物編

  • 作者: 川崎 敏和
  • 出版社/メーカー: 朝日出版社
  • 発売日: 2003/08
  • メディア: 単行本

脳が目覚める実用大人の折り紙

脳が目覚める実用大人の折り紙

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: きこ書房
  • 発売日: 2006/03/23
  • メディア: 大型本

一口に、おりがみとはいっても、奥が深いものなのだ・・・。

 

奥が深いと言えば・・・

最近、巷で話題のカレ をおってみた。

 

          

            ターバン野口


インド好きの私としては、ターバンと聞いて黙ってはいられない・・・。
私は、動画を見ながら折ったけど、こんな本もあった。

お札DEおりがみ 公式「ターバン野口」のつくりかた

お札DEおりがみ 公式「ターバン野口」のつくりかた

  • 作者: いそにし まさお
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2007/03/10
  • メディア: 単行本
「公式」だって・・・^^
キューピー野口の折り方というのもある。

こちらは、ちょっと・・・・不気味・・・あっいやいや・・・

 

本当に、おりがみとは、奥深いものだ・・・・。

 

 


nice!(9)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

蒙古斑 [ひとりごと]

7月に息子は六歳になる。

おしりにあった蒙古斑が、もう消えかかっている・・・。
目を凝らして見ないと、わからない・・・。

「ハァ・・・

なんか赤ちゃんだった息子がだんだんと大人になっていくようで、

 

さみしいなぁ・・・

 

蒙古斑と言えば、私の友達の知り合いの男性が、ネパール人の女性と結婚して、
ベイビーが生まれた。
なんと、この子には、蒙古斑がないらしい。


そう、蒙古斑は、モンゴロイドの証なのだ!


ネパール人は、アーリア系なので、蒙古斑がないんだって。


なんだか面白いね。

 
でも、赤ちゃんのおしりに蒙古斑のない国で、蒙古斑のある赤ちゃんが
生まれると、ちょっと大変らしい。

なんかの折に、誰かが赤ん坊のおしりにある蒙古斑を目にすると、


「なんだ、この不自然な青いアザは・・・。」

「この子は、虐待を受けているに違いない・・・。」


と疑われるらしいのだ


う~む、大変な時代になってしまったものだ・・・。

 

                   


蒙古斑も消えかかり、背も随分と伸びたゆうちゃん。

一緒にお風呂に入って、湯船につかると、ゆうちゃんのおしりが
ちょうど私の目の前に・・・。


「う~ん、ぷりんとしてかわいいおし・・・・。」

 



 

がぶっ 

 



「ギャッ~!」 (ゆうちゃんの悲鳴)



あんまりかわいいおしりなもんで、ついかぶりついてしまった。

 

えっ?

 

ぎっ、虐待じゃないってばっ

 



nice!(6)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

驚きのアルバイト体験 後編 [ひとりごと]

後編のはじまりィ~!

 

私の口は、パックリ 開いたままの状態だが、彼の説明は続く・・・。

「女性からの問い合わせが多いんでぇ、男性になって答えてもらう感じなんだけどぉ、できそうかな?」

「わっ・・・わかりません。


「こういうサイト知らない?」


「知りません・・・・。

 あの~、私、データ入力の仕事だと思って来たんですが・・・。」


 

「あぁ~、データの入力もあるよ。どうする?できそう?」

 



私の頭の中にフツフツと湧いてきた疑問を聞いてみる。

 

 

「あの・・・・、

 

もしかして・・・、

 

これって・・・、

 

 

で・・・

 

 

 

出会い系・・・ですか?」

 

 

 

 

 

「あぁ、そんな感じかなぁ~。

 

 

 

 

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

 

 

 

 

 

 

なっ、なんですとぉ~!!

 

 


 

「えっ~と、どうするぅ?」

 

茶髪青年が、ちょっと上目使いで私を見ている。

 

 

うっ、どうしよう・・・・・。

 

 

ここで、帰るのも、なんだかちょっと気がひけるし、かと言って、もう少し様子をみるのも、あまり気が乗らないし・・・・・・・。

 

 

ハァ・・・・

 

 

データ入力もあるって言ってるし、とにかく今日一日だけやってみようかな・・・・。


 

部屋の中を見回す。ほとんど女性ばかり。二人か三人位は、男の子もいるかな・・・。若い子ばっか。みんなもくもくと入力をしている・・・。

 

 

「とりあえず、今日一日はやってみて、それからまた考えます。」

「そう?じゃあね~、あそこの席に移動しよっか。」

 

「それじゃ、やり方を彼から習ってくれる?」

 

紹介された彼は、まるでアキバ系とでもいうか、ちょっと小太りのもさっとした感じの男の子。

 

「じゃ、まず、キャラクターをいっぱい作ってもらいます。」


「キャラクター?」

入力画面を開くと、年代・仕事・服装の趣味・自分の印象なんかを選べるようになっている。

「自分がなりきれるタイプの男性を作って下さい。」

 

 

 

 

「・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

「・・・・・・・えっ・・・・と・・・、30代、ジャニーズ系の顔、普通のサラリーマン、ワイルド系の服装・・・、こんなんでいいでしょうか?」



「じゃあ、20代から60代まで、色んなタイプのキャラをどんどん作って下さい。たとえば、キラキラホスト系とか作ってみてくださいよ。

 

 

 

キッ・・・

 

 

キラキラホストォ~!?

 

 

 

・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

「・・・・・・・・えっと・・・・・・・、20代、セクシー系、夜の商売、キラキラホスト系の服装、これでいいでしょうか・・・・・・・・?」 (T-T)



「ああ、いいじゃないですかぁ~!頑張って下さい。

 

 

もしかして、これが・・・・

 

 

データ入力・・・・?


 

 

しばらくすると、隣のぷーちゃんが、

「じゃ、今度は、アタックをやってもらいます。

アタック???」

 

画面が変わって、このサイトに全国から届いている女性からのメールの画面に切り替わる。

「このメールに返事を書いてもらいます。

「へっ?」

「あぁ、これがいいかな?じゃ、この女性に返信してみましょう。じゃ、まずタイトルから入力してみて下さい。」

「こんにちわ・・・とかでいいんですか?」

「う~ん、そんなんじゃ、グッとこないんだよねぇ~

 

 

 

くぅ・・・・・・

 

 


 

「最初に見るのがケータイのタイトルだからぁ。

「えっ?これケータイなんですか?パソコンに来てるメールに返信するんじゃないんですか?」

「ほとんどっつうか、全部ケータイからっすよ。」

 

そっそうなんだ・・・・。こんな全国の女性からメールが来てるんだ。みんなさみしいのかなぁ・・・。ほかに友達はいないんだろうか・・・・。

 

 彼の説明は続く・・・。

「タイトル見て、こんにちわじゃ、中身を見てくれないかもしれないじゃないすか。だからタイトルだけでも、興味をもってくれるような内容にするんですよ。」

「そっそうなんだ・・・。」

ちょっと他の人のを見せてもらう。

 

 

「オレ、今真剣に恋したい マジ本気っす。僕と本気で恋愛しょうよ

 

 

 

 

できるかっつうの!!!

 

 

 

 

次の出勤日の朝、辞退の電話をいれた。 

たった一日だったけど、驚きのバイト体験でした。
42歳、頑張りました・・・・。

 

安くても、今の仕事でいいや・・・。


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - ひとりごと ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。